ホーム > ダイビングショップオーナーの西表島暮らし日記

ダイビングショップオーナーの西表島暮らし日記

2018年02月15日(木) 日記 沖縄 西表島

「人間の能力って・・・」島の暮しで想うこと

より速く、より高く、より美しく

鍛錬された世界のトップアスリートたちのパフォーマンスを観ていると
ただただ、凄い!と思うと同時に
人間の能力ってどこまで進化するのだろうかと思う・・・

この島のオジイやオバアは
「この辺り(日程)に台風が来るねぇ」とか
「もうこの天気は回復するさぁ~」とか
空を観ながら平気で言う

ツバメが低く飛んでいるときは雨が降るっていうのは
きっと昭和のひとなら(笑)一度は聞いたことがあるだろう

もちろんネットで情報を得ているわけでもなければ
スマホで”ググッて”いるわけでもない
それでも
過去の経験や、いわゆる直感のようなものでそう言いきり
そしてまた
それは結構な確率で当たる・・・

空を見上げ雲を読み
肌に当たる風の変化に気づき
生きものたちの行動を敏感に感じとる
まさに”五感”を研ぎ澄ました生活

この島に暮らして約20年
僕自身もその感覚が研かれてきていることを時々感じ
そして
それをどこかで心地よく感じている自分もいる
人間が本来持っているだろう能力
それをシンプルに発揮している感覚とその心地よさ

そう遠くない未来に
本当にひとは車のハンドルを持たなくなるのだろう
“AI”で様々なものが動く世界がやってくるのだろう
いや、もう来ているのかな・・・

超高齢化社会を迎える日本
様々な判断が人工的になされることは
もちろん様々なメリットがあること

そして、そのAIを創り出しているのが人間なのであるから
それはもの凄いこと

でも
こんな田舎の島で暮らしていると
そんな”五感”を研ぎ澄ます生活っていうもの
未来に残したいものなのかなって
ちょっと想ってみたり・・・

さぁ、ラージヒル
100m以上も落ちてこない世界のトップアスリートは
その瞬間、何を感じ取っているのだろうか・・・

2016年07月26日(火) 日記

きっと幸せってこういうことなんだねっ・・・

先日のこと

自分用のスノーケリングセットを
ずっと使いたくて仕方がなかった小学2年生の娘を
ようやく海へ連れて行ってあげることができた・・・

水深5Mの海上を
スノーケルをくわえたまま
「あ~っ!おおきいさかな~!!」とか
「いか みえた!」とか
終始ハイテンションな娘

何だかその姿がとても逞しく思えた

でも
ずっと僕の左手を握っているその小さな手は
いつまでもこんなことしていたいなぁ~って思わせる
やはり7歳の手ですよ

普段 仕事をしているフィールドで
楽しそうに遊ぶ娘の姿

きっと幸せってこういうことなんだねっ・・・

P7230003

P7230004

P7230006

P7230009

P7230014

2016年05月26日(木) 日記 西表島

島の贅沢な時間

朝6時過ぎ
娘は小学校へ行く前に

そして
僕は仕事前に

早朝SUP

幸せを感じる
島のとても贅沢な時間です・・・

13275902_10206282235161795_964658358_n

GOPR1374

1 / 24612345...102030...最後 »

過去のエントリー

バックナンバー

お申込み

1人参加、石垣島からの日帰りダイブも大歓迎です!

ダイビングログ オーナーの西表島暮らし日記