ホーム > ダイビングショップオーナーの西表島暮らし日記

ダイビングショップオーナーの西表島暮らし日記

2012年10月15日(月) 日記

スリーピングハイビスカス

20121014a
20121014b
20121014c
20121014d
20121014e
20121014f
20121014g
20121014h
20121014i
20121014j
20121014k
20121014l
20121014m
今日は
みんなが休みだったので
炭鉱跡へトレッキングへ行ってきました
娘の保育所のお友だちも一緒に
片道30分弱の道
実は僕も初めて行きましたが
子供にも歩きやすく
丁度良いお散歩コースです
途中
珍しい花を発見!
きっと
スリーピングハイビスカス
花が開くことがなく
この状態で咲いているというお花
先日
ハワイのテレビ番組で
こんな花があるんだ~って観ていましたが
この西表島にもあったのですねっ
ちょっと感激!(笑)

2012年10月13日(土) 日記

島のメグミ

20121013a
かなり豪華な刺し盛に・・・
今日も
島の恵みに感謝です!!

2012年10月12日(金) 日記

入植64周年

20121011a
20121011b
20121011c
20121011d
20121011e
20121011f
20121011g
20121011h<br /
20121011i
20121011j
20121011k
20121011l
20121011m
20121011n
20121011o
20121011p
昨日
僕の住んでいる住吉公民館のお祭り「入植祭」が挙行されました
64周年の今年
僕は公民館の役員で
今までとは違い
準備の段階などから
色々と深く関わりを持つことができました・・・
何だか
この島・この地域で暮らす重みみたいなものを感じた一日だった・・・
住吉開拓団上陸の地にある石碑で刻まれた言葉
これをそのまま記します
何よりも重みがあります・・・
「第二次大戦後
宮古島では国内外からの引揚者等で混沌たる状況で職もなく食料もない状態であった。
当時の宮古群政府知事具志堅宗精は、
戦後復興に必要な木材確保のため船浮地区で国有林の払い下げを受け
伐採隊を昭和二十二年同地区に派遣した。
これに伴い伐採隊への食料補給のため、
現住吉地区に移民を計画し、
昭和二十三年十月十一日に与儀喜昇を団長とし、
開拓先遣隊が上陸したのが此の地である。
引き続き二次隊(十月二十日)三次隊(十二月二十三日)が到着し、
先遣隊が構築した新地を拠点にし一年余りに亘る共同生活で、
食料生産の為の開墾、
家族引揚の為の住宅建設など全ての作業を行い住吉地区の基盤を築いた。
この発祥の地を継承し後世に伝えるべくここに、
記念碑を建立する。」
この1年余りに亘る共同生活
これが
現在に住吉地区の風土を作り上げているのです・・・

過去のエントリー

バックナンバー

お申込み

1人参加、石垣島からの日帰りダイブも大歓迎です!

ダイビングログ オーナーの西表島暮らし日記